カテゴリー
チュートリアル

Alfred4でTrelloにタスクを追加する

導入難易度はコピーペーストができる程度です。
所要時間は3〜10分ほど。

ダウンロード

https://github.com/MikoMagni/Trello-Workflow-for-Alfred/releases

インストール

ダウンロードしたWorkflowファイルを開く。
古いバージョンが入っている場合は事前に削除する。

設定

Alfredで
get trello key
と入力。
ブラウザでAPIキーを取得しコピー、記録します。

コピーしたデータをAlfredで下記のように入力。
get trello token コピーしたキー
ブラウザで、アカウントへのアクセスを許可します。
表示されたトークンを記録します。

Alfredで使用したいボードのIDを取得します。
例えばボードのURLが https://trello.com/b/AAAAAAA/trelloのsample
の場合は、AAAAAAAがIDになります。
そのIDを下記のようなURLに直します。
https://trello.com/b/AAAAAAA/trello-development-roadmap.json
ブラウザで開き、{"id":"

と始まっている右のボードIDを記録します。(上記画像の黒塗りしている部分)

Trelloの設定で、「Workflow」から当ワークフローを開きます。

/bin/bashを開き記録したそれぞれをコピペします。

key='APIキー'
token='トークン'
boardid='ボードID'

「Save」します。

このままだとタスクが行方不明になるので、右上の[x]を選択して、標準で追加されるリストや入るポジションを画像のように指定します。
画像ではリスト名がInboxになってますが、自分のボードのリストに合わせて変えてください。

使い方


trello タスクを追加する!

のように使います。あとはUsage通り使えば、日付や説明が追加できます。

作者情報

Miko Magni
https://weareeleven.com.au/


当サイトについて

当社ににお問い合わせが多い事例やその解決方法、おすすめの機器やソフトウェアの操作方法等を書き留めています。

問い合わせやご感想は、コメントかお問い合わせフォームでお受けしております。

当社では訪問やオンラインによるITに付随する各種サービスを行っております。八王子から各所に出張可能ですので、何かございましたらお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です