カテゴリー
ハードウェア

MacbookAir2020とMacbookPro2020のGPU差

6月にMacbookが発売されてから時間も経ち、ARM版Mac(Apple Silicon)も今秋発売予定に控えた今、わざわざIntel版Macを買う方も少ないかと思われますが、今後発表するAppleの戦略上、アプリが動かなくなったり、Windowsの動作のさせ方が狭まったり、ARM版が性能が悪くなったりと考えられます。

2020年に発売されたMacboo Airと13インチMacbook Proはどちらも上位版が4コアとなり、13インチが選択肢になかった人にも選択肢が増えました。13インチを選択したい人の中で少しでも薄く(100数g)処理能力を発揮したい人はMacbook Air 2020もおすすめです。

パフォーマンス面もコスト面もMacbook Pro 2020の大勝なのですが、実はグラフィック面(Intel Iris Plusグラフィックス)のパフォーマンスは差が小さいです。

MacBook Air (Early 2020) 1.20GHzベンチマーク

CPUスコア:3011

https://www.geekbench.com/

GPU(OpenCL)スコア:9141

macOS 10.15.6 (Build 19G2021)

https://www.geekbench.com/

MacBook Pro (13-inch Mid 2020) 2.30GHzベンチマーク

CPUスコア:4516

https://www.geekbench.com/

GPU(OpenCL)スコア:9280

macOS 10.15.6 (Build 19G2021)

https://www.geekbench.com/

お互いTurboBoost時のベンチマークなので、ファンの回転数やそのパフォーマンスを維持した時の故障率などは変わってきますが、単純なグラフィック処理面では大差ないでしょう。

eGPU使用時のパフォーマンスも今後確認したいと思います。


当サイトについて

当社ににお問い合わせが多い事例やその解決方法、おすすめの機器やソフトウェアの操作方法等を書き留めています。

問い合わせやご感想は、コメントかお問い合わせフォームでお受けしております。

当社では訪問やオンラインによるITに付随する各種サービスを行っております。八王子から各所に出張可能ですので、何かございましたらお気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です